ゲルソン療法

ゲルソン療法

ゲルソン療法,星野式ゲルソン療法,藤代式ゲルソン療法,コーヒーエネマ

ゲルソン療法とは、ドイツのマックス・ゲルソン医学博士提唱による食事療法です。

 

日常で最も基礎となる、食事法を変えることで、人間本来の自然治癒力を高めて、ガン(癌)などの病気に対抗しようという療法です。

 

ゲルソン療法では、ガン(癌)は全身の栄養障害・代謝障害がもたらす病気と定義づけられており、体にいい食事をすることで、病気に対抗していきます。食事を改善することにより、体質が改善されて、病気の治癒を目指します。

 

ゲルソン療法は欧米では、代替療法として有名で、ガン(癌)を治癒させた患者も数多くいます。

 

 

最近では、健康に関心が高いこともあり、薬を用いずに簡単に実践できる治療法として、日本でも関心が高まっており、ガン(癌)の他にも高血圧、肝炎、血栓症、腎臓病、痛風などの病気にも効果をあげた実例があります。

 

ゲルソン療法の基本的な考え方としまして

 

●無塩食

 

●油脂類と動物性蛋白質の制限

 

●大量・多種類などの野菜ジュースの摂取

 

●アルコール、カフェイン、たばこ、精製された砂糖、人工的食品添加物などの禁止

 

●芋類、未精白の穀類などの炭水化物、豆類、新鮮な野菜や果物、堅果類、海草を中心とした食事

 

●コーヒー浣腸を1日数回行う

 

 

などがあげられます。

 

 

今、あげたものは、ゲルソン療法の基本ですが、本来はもっと厳格なものとなります。

 

ゲルソン療法の詳細を知りたい場合は、ガン食事療法全書 マックスゲルソン・今村光一(著)など参考にしてください。
ガン(癌)を治癒させた事例なども多く掲載されています。

 

 

尚、実際に自ら、ゲルソン療法を行い、生存率0%の可能性のガン(癌)を克服した医師、星野仁彦(ほしのよしひこ)さんも著書を出版しております。

 

ただ、ゲルソン療法を厳格に行おうとすると、とても大変で、挫折する人も多いです。

 

無塩をずっと続けるのがきつい時には、減塩を薄めで使ったり、
ジュースの量を減らしたりと、自分のスタイルに合わせて行っている方もいらっしゃいます。自分の生活スタイルに合わせた形で行うのがゲルソン療法を続けるポイントのようです。